画像に×が出る場合は、ページ表示を更新してください。
   

#165 フォトスタンドラジオ

フォトフレームに入れるような写真が見当たらなかったので、ウチのカアちゃんの写真を入れて、机の上に飾ってみました・・・なんて書くだけ虚しいか・・・はい、テレビ版「眉山」に主演の常盤貴子サンの和装のお姿でございます;;;。

それにしてもこの額縁、「洗練」という言葉から最も遠いところにあるデザインだ。もう泣きたくなる。貴子サンごめんなさいね・・・こんなローセンスな檻に押し込めちゃって。(それでもあなたは立派に光っていらっしゃるから凄いです。)付属品としてついている黒と紺色のデザイン額縁、それでひょっとして救えないかと付け替えみたが、いずれもチョーNGであった。付属の説明書には「気分によってお好みの色のフレームを交換して下さい」と書いてあるが、どんな気分やねん?!と激しく突っ込みを入れたくなった。

まま、気分を取り直して、右側面にあるラジオのスイッチを ON にする。素敵なサウンドトラックでも流れてくればまだよかったが、いきなり競馬中継だ、馬場が荒れて大きな番狂わせがあったとアナウンサーが甲高い声で叫んでいる。どうしてくれるんだよ・・・この空気。

出口のないB級ラジオぶりに、ただただアンニュイな世界に沈みこんでいくしかない館長なのでありました。

【仕様】
AM/FM
単三電池2本使用
出生地 中国、香港?

スキン部分(デザイン)にはなんの未練もないので、さっそく腑分けと参ろう。音質が普段聴いているB級ラジオ群とはチト違うなと思ったら、一世代前のしっかりとしたラジオ用ICがついていた。SONY のCXA1019Sだ。足が30本も生えているやや大型で平べったい型のゲジゲジ虫だ。AM/FMチューナーに低周波アンプも内蔵されており、これ一個でラジオが出来上がる。3V動作なのに、結構ちゃんとした音が再生できている。

スピーカーが上部についていて、フレームにも音の出る穴がたくさん開けられている。フレームを縦置き・横置きどちらでもいけるようにバーアンテナが斜めに配置されていたり、外部アンテナ用の簡易コネクタがついていたり、気をつかってくれている部分もある。机上に置くだけでなく、壁にもフックできるようなちょっとした仕掛けもしてある。こういったささやかな配慮を汲み取るのが正しいB級ラジオとのお付き合い作法というものだろう。館長の気分も、多少なりと奈落の底から這い上がれたように思える。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー

表示中の記事

 

 

サイト内検索

RSSフィード

本館へ戻る